受講内容について

      2018/01/07

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
獣医で公務員という手堅い身分を手放して、ベンチャー企業へ転職。Want toにつきしたがってきて、公務員時代の収入をやっと超えたところ。東北在住で仕事・人間関係に悩む20~30代に向けて、感染るコーチングを提供。

このページでは、私のパーソナルコーチングに対する考えと、コーチの選び方をお伝えしています。

 

私は専業コーチではありません。

私が収入を得ている仕事は、

獣医の仕事、コーチ、学習指導、などです。

コーチングは脳と心(マインド)の使い方を習得するものなので、

人間が関わるあらゆる分野に使うことができます。

 

 

コーチングは方法を教えるわけではない?

くり返しになりますが、コーチングはマインドの使い方を習得するものです。

それはパーソナルコーチングでも同じです。

抽象度が高い方向へ誘導することはあっても、

具体的に何をやるべきなのかを指示することはありません。

なぜなら、コーチングは自分の価値観で生きる方法を実践するものだからです。

コーチの価値観・指示に従って生きるのは、主体性がある生き方とはいえません。

じゃあ、具体的な方法はどうやって見つけるんだ、と思うかもしれませんが

方法は目の前にあります。

嘘でも何でもなく、目の前にあるのです。

目の前というと語弊がありますが、

自分がアクセスできる情報の範囲内にあるということです。

スコトーマに入ってしまっていて、見えていないだけです。

マインドの使い方が変われば、それらが見えてくるようになります。

セルフコーチングでも、その状態に至ることはできるのですが、

如何せん時間がかかる、再現性に乏しいという欠点があります。

それだけ、自分の現状を維持しようとする力が強力だからです。

 

コーチが考えるコーチの選び方

コーチを選ぶ基準として、ポイントは2つあります。

1つは、そのコーチが実践しているかどうかです。

ブログ記事、活動内容をみたり、動画をみるのが一番伝わりやすいと思います。

2つ目は、自分とラポールを築けそうかどうかです。

自分と合いそうかどうかは、コーチングを受ける上では重要です。

コーチの扱う理論・技術は同じである以上、

それらが基準を満たしているのであれば、

あとはフィーリングが大事ということです。

 

自分の生き方を変えようとするわけですから、

「理屈」だけでは判断基準として足りません。

 

コーチングは科学

私はコーチングは科学で、強力な道具だと捉えています。

そのため、再現性を最重視しています。

自分のマインドにこれまで起きてきた変化、

クライアントに起きてきた変化を再現できるようにしています。

ゴール設定は抽象度の高さがポイントです。

高ければ高いほど良いとは、必ずしも言えません。

臨場感を伴わなければ、実際の行動には変化が起きないからです。

自分ごととしてとらえられるものでなければ、意味がないということです。

自分一人では見えないスコトーマもコーチがいれば、外して考えることができます。

自分の脳とコーチの脳の2つで考えていくことができます。

 

コーチングセッションの詳細については、

個別にお伝えしています。

気になった方は、ご連絡ください。

 

お申込みはこちらから

ご質問はLine@からお気軽にどうぞ!

Line@登録はこちら

 

セルフコーチングが続かなくて悩んでいるという方には、

オンラインセルフコーチング徹底サポートプログラムのコーチングライザップをお勧めします。

一生使えるセルフコーチングの技術・習慣を体感レベルでインストールしてもらいます。

安価でなおかつ効果にコミットしたコーチングを全国に広めたいと考えて、このプログラムを提供しています。

こちらも、興味がある方はご連絡ください。

 

お申込みはこちらから

 - 講座内容