コーチングを実践して後悔はしないのかという質問【現状の外へ向けての行動】

      2017/07/18

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

こんにちは、萩生田です。

 

今回は、

コーチングを実践して後悔しないのかという話です。

お茶会の参加者の方から受けた質問でもあります。

確かに、コーチングを実践して、

実際に現状の外側へ向けて行動を起こし、

後から、やっぱり止めておけばよかった・・・

と後悔するんじゃないかという心配はあると思います。

 

結論から言うと、後悔はしないと思います。

なぜなら自分で下した決断だからです。

誰かから思い込まされた価値観だったと後から気づくことはあるかもしれません。

しかし、その可能性も踏まえて自分で決めた選択であることは間違いないはずです。

 

セルフコーチングを行う場合、もちろん100%自分の決断になりますが、

パーソナルコーチングでも、クライアントに特定の行動の選択を迫ることはありません。

〇〇しなきゃダメ、〇〇するべき、といったことは基本的は言わないということです。

 

自分で考え抜いて決めたことだからこそ、

結果がどうあれ納得できるし、

行動自体を続けていくことができます。

 

行動した結果、やっぱり違ったと軌道修正することもできるはずです。

というか1発で全てが上手くいくような選択って、そうそうないはずです。

なぜなら、現状の外側の目標・ゴールということは、

知識・経験がないということだからです。

 

もちろん、行動を起こす際、自分で情報を集めるようになるでしょうが、

それでも最適な行動をとれる可能性は低いでしょう。

それでも、100%間違いないという確信を待っていては、

機会を逃してしまうかもしれません。

 

焦る必要はないと思うので、じっくり自分なりに考え抜いて、

自分のタイミングで行動を選択していきましょう。

最初の1歩を踏み出すタイミングを決めるのも自分自身です。

 - コーチング, セルフコーチング