コーチングは魔法じゃないけど、ものすごく強力な科学【引き寄せの法則?】

      2017/07/18

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

コーチングを受けさえすれば、

自分で何もしなくても、あらゆる状況が好転する!

ということは残念ながらありません笑

 

コーチングは魔法ではないけれど

信じて待っていれば、何か良いことが起きるというような「引き寄せの法則」とは違います。

引き寄せの法則を否定するつもりはありませんが、

コーチングはオカルトじゃないということです。

 

確かに良いゴール設定ができて、

自分にはそれができる!というエフィカシーを高めることができれば、

ゴール達成のための方法は見つかってきます。

 

なぜかといえば、脳の自分にとって重要なものだけをとおすフィルターRASの働きがあるからです。

普段は目の前にある、ありえないほど膨大な情報のうち自分に必要なものだけをRASがとおしてくれています。

やりたい!できる!で、RASのフィルターがオープンになります。

 

その結果、ゴールという高みへ向かう階段が見えるようになるんですね。

でも、階段はエスカレーターではありません。

自分の足で登る必要があります。

 

ゴールへ向かう階段

方法が見つかった、やったー!で終わっていては、何も変えることはできません。

ゴールへ到達したいという強い欲求をエネルギーに、登り続ける必要があります。

 

そのゴールへ向かうエネルギーを強くするために、

正しいゴール設定と更新を行い、

ゴールの世界で自分が感じている臨場感を高めていくのがコーチングです。

 

目的地点とエネルギーができたら、

あとはひたすら足を動かさなくてはなりません。

 

コーチングは魔法ではありませんが、最新の科学ではあります。

正しいやり方で行えば誰がやっても、

ゴール到達の方法は見つかるようになり、エネルギーも湧いてきます。

 

階段の一番上まで行けば100億円もらえるとしたら、ウキウキして登りませんか?笑

ゴールへ行けることを確信していれば、

そこへ向かう長い道のりもけっこう楽しいものです。

 

脳と身体をふりしぼって、ゴールへ全力へ向かい続けましょう!

 - コーチング, セルフコーチング