【プロコーチ秘伝】悩みを解決する逆説的な方法

      2017/07/18

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

だれでも悩みの1つや2つくらい、ありますよね。

認知科学を利用したコーチングでは、

マインドの使い方を工夫することで、

さまざまな悩みを解消していくことができます。

実は、悩み自体にフォーカスしても解決することができないのには、科学的な理由があるんです。

悩んで悩んで、さんざん考え抜いても、

どうしても解決策が見つからないという方は参考にしてみてください。

悩みが解消されない認知科学的な理由

悩みを解消する方法がすぐに知りたい!という方はここは読み飛ばして下さいね。

長年にわたって悩んでいることがらは、

認知科学的に解決することが難しい状態になっていることがあります。

なぜなら、そのことで悩んでいる状態がコンフォートゾーンになっているからです。

コンフォートゾーンとは、無意識にとって居心地が良い状態のことを指します。

無意識はどんな時でも、このコンフォートゾーンを維持しようとします。

悩んでいる状態がコンフォートゾーンになると、

意識では悩みを解決したい、なんとかしたいと思っても、

無意識が悩んでいる状態を全力で維持しようするようになってしまいます。

貧乏な状態がコンフォートゾーンの人が宝くじで1億円あたっても、

無意識が貧乏な状態に戻ろうとして働き、

すぐにお金を使い果たしてしまうということです。

無意識の強大な力に、意識で戦いを挑むのは無理があります。

では、どうすれば良いのでしょうか?

実は、無意識を味方につける方法があるんです。

悩みが解決している状況を徹底的にイメージする

無意識を味方につけて、

悩みを解決する方法をひとことで表すと、

すでに悩みが解決している状況を徹底的イメージする

です。

徹底的にというのが重要なポイントで、

・言葉

・映像と五感

・感情

の3つをフルに使って、悩みが解消された場面をイメージし続けるということです。

具体的な解決策はわからなくてかまいません。

というか方法がわかるのなら、とっくに解決してるはずですよね。

方法はわからなくても、

すでに悩みが解決された状態を、徹底的にイメージして体感し続ける。

そうすると何が起きるかというと、

無意識にとって、悩みが解決された状態がコンフォートゾーンになります。

すると無意識が、

悩みを解決するための具体的な方法をクリエイティブに見つけ出し、

そのための行動を勝手にとるようになります。

引き寄せの法則に近いような考え方ですが、

これが認知科学的に、もっとも効果的強力な方法です。

ものは試しで、一度やってみてください。

 

やってみたけどうまくいかないという方は、

気軽にご相談くださいね。

お問合せはこちら

 

 

 - セルフコーチング