悩んで苦しい受験生へ【その悩みが幻想である理由】

   

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

仙台IQメディカルコーチング 萩生田です。

 

今回は本気で悩んで苦しんでいる受験生へというテーマです。

受験生の中には、受験のストレス・不安でうつ病になりそうな人もいます。

安心してください。

その不安は幻想です。

〇〇に合格できなければもうお終いだという考えは、

なんのあてにもならないということです。

 

理由として、

1つは学生であればおそらく知識が不足しているはずだから

2つ目として、世の中が変わっていくからです。

 

不安が実現する可能性

月に最低100冊など、

日ごろから大量に読書をして情報収集しているのであれば別ですが、

おそらく、受験生であるあなたの感じている価値観は、

親や先生、兄弟、友だち、テレビで言っていたことなど、

ほんの数えられる情報ソースから作られているに過ぎません。

 

その少ない知識・経験から導き出される将来の予想図に、

それほど確証はありません。

なので、あなたの感じている将来の不安は現実化しない可能性が高いです。

ネガティブにとらえすぎるのはやめましょう。

 

世の中の価値観・生き方は変化し多様化している

また、世の中の変化はどんどん早まっています。

今の子どもの65%は10年後に就職する時に、

まだ存在していない職業に就くという予測もあります。

20年前にGoogleがこれほど巨大な企業になると、誰が予測できたでしょうか?

どんな選択をしても、未来は保証されていません。

それを良い意味でとらえるか悪い意味でとらえるかは人それぞれです。

 

どうせわからないなら、前向きにとらえた方がよくないですか?

私は勉強なんてする必要ない、というつもりはありません。

どんな時代になるにせよ、

付加価値を生み出せる人がその対価を得ることができることは変わらないでしょう。

付加価値を生み出すには、知識がいります。

世の中のからくりを知り、既存のものを組み合わせてはじめて、

新たな付加価値として認められるものを作っていくことができるはずです。

 

大学へ入って学ぶこと・資格を身につけることは、その方法のひとつです。

これからの時代、何が社会にとって付加価値として認められるかは予測しきれませんが、

興味がある分野の知識を収集するのは、楽しいし将来のためにもなるはずです。

否定するわけではありませんが、

知識を身につけず、自分で付加価値を創造できない状態を目指していくのは、

わざわざ人生をハードモードにしていくことです。

 

ポジティブに考えて、やりたいことをやろう

やりたいことをやり続けることが、人間のエネルギーを引き出す最大の秘訣です。

コーチングはそのための方法論です。

勉強させられている・しなければならないという考え方はもうやめましょう。

しなければいけないと思えば思うほど、やる気がなくなるのが脳の仕組みです。

 

どうなるかわからない社会ですから、

自分のやりたい・知りたいというwant toの気持ちに従って、

楽しみながら、知識・経験をたくさん身につけていきましょう!

 

受験相談・カウンセリング依頼はこちらから

 

 - 教育