コーチングをやるのは変な人?

      2017/07/18

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

こんにちは、萩生田です。

今回は、コーチングをやる人は変な人というテーマです。

コーチング、特に苫米地式・タイス式は現状の外側の目標・ゴールを目指します。

 

現状の外側とは、今の自分の延長線では絶対に実現できない未来ということです。

そのように目標・ゴールを設定しない限り、

現状の外側に出る方法が見えないので、出ることができないからです。

 

その現状の外側のゴールを

いつかなれたらいいな♪ではなく、

本気ガチでそうなることを狙っていきます。

 

そのための実際に行動を起こしていきます。

パーソナルコーチングなんて受けたものなら、

なおさら行動せずにはいられなくなります。

 

でも、それってはっきり言ってイカれた行為です。

周りの目、常識に反していることが大半のはずです。

認定コーチたちの経歴をみると、普通ではないというか、

世間一般からしたら異常な行動をしているようにみえると思います。

 

現状維持・現状の延長線上の行いを続けることが

圧倒的なマジョリティである以上、

現状の外を目指す行為は、「変な人」がやることです。

 

コーチングは変な人になれという教えです。

苫米地博士はNot Normalという言葉で表現しています。

 

マジョリティであり続けることの安心感はあっても、

満たされない気持ちを抱えるからこそ、

コーチングを求める人がいるのだと思います。

 

いまのNormalが未来永劫Normalなはずはありません。

人の行動の選択に絶対的な良い・悪いは決めようがありません。

結局自己責任で、自分の行動を選択していく他ないのかなと思います。

 

 

 - ひとりごと, コーチング