現状を変える方法が必ず見つかる理由【認知科学とコーチング】

      2017/07/18

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

こんにちは、萩生田です。

今回は、現状を変える方法が必ず見つかる理由というテーマです。

もっと具体的に言うと、

ゴール・目標設定をすると、それを達成するための手段が見つかるわけ

ということになります。

なぜ見つかるのかを一言であらわすと、

脳が認識しているものがものすごーく限定的なものだからです。

 

心理的盲点という「」という言い方をしているので、

見えている部分の方が広いと勘違いしてしまいがちですが、

実際は盲点の部分の方が圧倒的に広いのです。

見えている聞こえている感じている部分の方が、

実際は「」なんですね。

 

これは、セルフコーチングなどでゴール設定をやってみればわかります。

ゴールを設定すると、

それまで目の前にあったのに気づかなかったものに気づくという体験を何度もするようになります。

というか、それが日常になります。

 

心理的盲点を外して、新しい情報・方法を見つけ続けるために、

現状の外側にゴールを設定することは前提ですが、

自分にとって本当に望ましいゴールが設定できたのであれば、

手段は見つかると確信して間違いないと思います。

 - コーチング, セルフコーチング