対面して話をすることの意味

   

昨日は、またまた仙台市でコーチングお茶会・セミナーを行いました。

参加して頂いた方、足を運んで頂いてありがとうございました。

また近いうちに、ぜひお会いしましょう。

 

対面して話をすることの最大のメリットは、

自分の「確信」が伝わることだと感じています。

 

セルフコーチングをやっていて壁になるのは、

本当にこんなことやって効果あるのかな?という疑問だと思います。

加えて、もともと生物は変化を嫌うものです。

そのため、

セルフコーチングを行っていて必ずと言っていいほど起こるのが

途中で止めてしまう

という現象です。

 

本当に効くのかよくわからないし、なんか面倒になってきたからやめようっと

となるのが理屈で考えて当たり前なんですね。

 

変わりたいと意識では思っても、身体・無意識は変わることを恐れて、

変わらないようにしようとします。

やめる理由、続けない理由をクリエイティブに脳が生みだすことになり、

身体にもそれが現れ、ダルい・面倒くさいと感じるようになります。

 

そういった壁を超えるのに必要なのが「確信」です。

 

この道をすすめば、お宝があると「知って」いれば、

どれほど苦しい道でも進み続けますよね?

 

一度会って、コーチングってどんなものか知って頂ければと思います。

 

私自身、コーチングを知りたい人と会って話をしているのが楽しいです。

毎回新しい気づきをもらっています。

これからもやりたい時にセミナー・お茶会を開催していくので、

チャンスを逃さず掴みにきてください。

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
元公務員。獣医師。哲学好きで読書好き。ゴールのうちの一つは子どもにコーチングを広めること。東北を中心に活動中。いろいろやってます。

 - ひとりごと, セミナー・イベント情報