【永久保存】コーチングでおススメの書籍7選

      2017/04/27

The following two tabs change content below.
萩生田 (Hagiuda)
学習コンサルタント。自身で培ってきた受験ノウハウと最新の認知科学理論にもとづいた学習指導・マインドコーチングを提供。獣医師免許、苫米地式認定コーチの資格を所有。

コーチングと名前の付く本は、とてもたくさんあります。

コーチングってどんなものか学んでみたいと思っても、
どの本から読んだら良いのかわかりませんよね?

今回は、苫米地式コーチングの本をまとめてみました。

苫米地式コーチングとは
苫米地式コーチングは、認知科学をベースにしたパーソナルコーチングの最高峰です。
アメリカの元祖コーチとして50年にわたって活躍されてきたルー・タイスのコーチング理論に、
多岐にわたる最新の科学的な知見を取り入れたものです。
ルー・タイス自身のコーチング理論は、アメリカトップ企業フォーチュン500の62%や、政府機関、NASA、国防総省などで導入されています。

Kindle読み放題無料で読める本も何冊かあります。

認知科学者、計算機言語学者、カーネギーメロン大学博士、角川春樹事務所顧問など

さまざまな経歴を持つ苫米地英人さんのコーチングの世界を知ってみてください。

苫米地英人博士のプロフィールはこちら

コーチングの教科書

コンフォートゾーンの作り方

苫米地式コーチングのもっとも代表的な本です。

TPIEと呼ばれる全21ユニットをそれぞれ解説しています。

最初は21ユニットがバラバラに感じるかもしれませんが、全てがつながっています。

3回くらい読むと、全体の構成がわかると思います。

まずは親を超えなさい!

こちらも、代表的な本です。

2冊目の教科書という感じです。

コンフォートゾーンの作り方よりも、苫米地博士本人の言葉で書かれている感が強いです。

個人的には、こちらの方が読みやすいと思います。

現在、Kindle読み放題の対象となっております。

夢をかなえるPX2完全マスター

学生向けコーチングのPX2の教科書的な本です。

子どもでも理解しやすい内容になっていますが、大人が読んでも十分使えるものになっています。

学生さんだけでなく、子を持つ親御さん、教育関係者にもおススメです。

こちらも、現在、Kindle読み放題の対象です。

コーチングの参考書、副読本

苫米地式コーチング

苫米地博士が苫米地式コーチングについて語った本です。

苫米地博士はそれまでも、自己啓発、能力開発に関してたくさんの本を出していましたが、

コーチングについて1冊丸ごと語ったのはこの本が最初です。

コーチングとは何なのか、コーチとしての心がまえ、コーチに向いている人などについて書かれています。

アファメーション

元祖コーチ、ルー・タイスがコーチングについて語った、コーチングのバイブル的な本です。

かなりのボリュームです(笑)

ルー・タイスは苫米地式コーチングのもととなる理論を完成させた全米トップコーチです。

コーチングという概念自体、ルー・タイスが40年前からコーチとして活動し始め、広めたものです。

ルー・タイス自身がコーチングという仕事を始めることになったいきさつや、さまざまな実例をもとにしたコーチング理論の解説などが書かれています。

失敗をくり返しながら、自分自身にもコーチング理論を使い、全米トップコーチとして成功を治めるようなるまでのサクセスストーリーも描かれています。

「言葉」があなたの人生を決める

上記の「アファメーション」という本に、苫米地博士が現代の科学的な知見を加え、少しコンパクトにまとめたのがこの本です。

アファメーションはとても良い本ですが、なにしろ分厚いので、こちらの本から入った方が良いかもしれません。

「言葉」があなたの人生を決める【実践ワークブック】

「言葉」があなたの人生を決める」のワークブックです。

本に書き込みながら、実際のワークを行っていくことができます。

 

まずは読んでみよう!

苫米地式コーチングの本についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

コーチングってようするに、コミュニケーション技術を高める本でしょ?という人はぜひ上の本のどれかを読んでみてください。

「苫米式コーチング」より引用
「コーチング」とは簡単にいえば、人生を豊かにするためのものです。
それは、決して本来ビジネス・コーチングという狭い枠内で、仕事のできる部下を育てるためだけのものでもないし、仕事を効率化するために教える部下指導法でもないし、また人と人とのコミュニケーションを円滑化させるためだけの技術ではありません。
ビジネスの現場で考えられている日本の「コーチング」には、そのあたりに決定的な誤解があると思えてなりません。

けっこう想像していたのと違うな、と思うかもしれません。

百聞は一見に如かずで、認定コーチに会ってみるのも良いと思います。

 - コーチング, セルフコーチング, 教育